読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜と掃除

日記

かなり見事に桜が咲いていて、幸せを感じながらいつものように自転車で通勤していたら、TOYOYAの販売店の近くで、TOYOTAジャンパーを着た人達が道路を掃除していた。
月曜日に見たカンブリア宮殿を思いだす。一人で売りまくるTOYOTAの凄腕営業の人と、チームで売るHONDAのリーダーを対比しながら紹介していた。そのHONDAの営業所では毎日、店を中心に近所を掃除していて、それがお客様に好印象を与えて、結果的に集客に一役買うことになったという内容。
敵軍の作戦を速攻で真似るとはまさしくカイゼンだなと感心しそうになるが、明らかに嫌々やってる感がにじみ出ている上に、ちんたら動いていたからけっこう邪魔で、不快になる。(あくまで私の主観です。)
その人のことは何も知らないし、あくまで主観なんだけど、それでももし車を買う機会があったとして、あの販売店に行くという選択肢は消えたな〜。
そういえば、中学校の時の課外活動の前とかに、「制服を着てる以上は学校の名前をしょってるんだからしっかり行動するように」みたいな注意がよくあって、何のこっちゃと思っていたけど、こういう事なんだな〜。ある人が、ある組織の制服を着て不快なことをやっている人間を見ると、その組織に対して悪印象を持ってしまう。


恋人や友達や同僚になるわけじゃない関係の場合は、やはり第一印象というのはけっこう重要だな。人は見た目が9割みたいな話を聞くと、んなことあるかとバカにしていたけど、満更ではない気がしてきた。日々出会う人の中で友達になる人なんて10分の1もいないしなー。気をつけよう。