読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

foursquare meetup tokyo # 6 #4sqTokyoに行った

foursquare meetup tokyo # 6 #4sqTokyoに行った。

http://www.zusaar.com/event/172054

自分はロケタッチ派だったけど、4sqの最近のPC画面のリプレイスが凄くいいな〜と思っていた所に、このイベントを知り、エントリーするとともに4sqを使い始めたww。

http://blog.foursquare.com/2011/11/15/the-magic-of-foursquare-discovery-now-on-your-big-screen-devices-new4sq/

 

(たまたま一緒に喋ってグループに英語が達者な人がいたおかげで、)Holdenさんから色々聞けて凄く刺激的だった。

その中で一個印象的なことがあった。

 

自分は5人のグループで喋っていて、そこにHoldenさんが話しに来てくれたんだけど、Holdenさんが来る前に自分が「PCサイトのリニューアル結構いい感じだと思うけど、フリーワード検索がいまいちだ」みたいなことを話していて、Holdenさんとの話の流れで検索の話になった時(たまたまエンジニアの人が固まっていて結構技術的よりな話が多かった)に、英語達者な人が、「彼(私のこと)がこんなこと言ってたよ〜」と冗談まじりに言ったら、名刺を渡されて(色んな人に渡してはいたけど誰にも彼にも配っていたわけでもなかった)、「何か具体的にここがこうっていうのがあったらメールして。自分は検索は担当してないけど彼らに伝えるから」みたいなことを真剣な顔で言われた。

 

(日本人的な考えでは?)ちょっと気まずい感じがして、「いやいや〜」みたいな感じでごまかそうとしたんだけど、「いや、ほんとにそういうのを送ってもらいたい」ということを改めて言われ、ボクも真面目にこういうことがあったんですよ〜みたいな話をした。

 

その場はそれでまあ終わったけど、何となく自分の中でモヤモヤしていて、帰りの電車とかで色々考えていて、仕事に対する取り組み方の根本的な違いを見せつけられた所に原因があるのかなと思った。

 

自分もwebサービス的な会社で勤めてるけど、自分が使いづらいと思っている所や、友だちにちょっと使い辛いよ〜みたいな話をされても、違う部署で作ったりしている部分だったりすると、自分はそんな顔広くないし権限もないだとか、これはあの人の担当だけどそんなに面識ないしだとか、色々と言い訳をつけて声を上げることはなかったし、周りでもそんなことをしている人の話は聞いたことがなかった。

 

一方、4sq meetupってのは調べてみると、各国のヘビーユーザの人に4sqのほうから連絡をとって場を作ってもらってやってる感じらしくて、その場でこうやって真剣に意見を聞いてくるHoldenさんを見て、エンジニアとしての技術やアイデアの面で負けてるだけならまだしも、仕事の取り組み方的な所で大きな差を見せつけられたショックがモヤモヤの原因だったんだろうな〜と。

 

勿論こうして欲しいってメールをしたからっていきなりそうなる訳でもないだろうけど、少なくとも、ちゃんとした内容を送れば担当の人(ちなみに検索のコア部分は2人で作ってるらしい!)にちゃんとフィードバックしてもらえるだろうという思いの持てる真剣さだったし、きっと○○部が作ったとか関係なくそういうことを普段から言い合っているんだろうな〜と思ったし、少しでもサービスを良くしたいという思いが話してる表情からびんびん伝わってきた。笑ってごまかそうとした自分の行動が後から段々と恥ずかしくなってきた。

 

果たして自分は属している会社のサービスにそこまで熱い思いを持てているか?何だかんだと組織や偉い人やこれまでの歴史のせいにしてないか?自分の中で勝手に線を引いてないか?それとも組織的に線ができてしまってるのか?所謂サラリーマン的に働くのを嫌っていたはずなのに、すっかりサラリーマン的にしか働いていなかったことに気がついて、そんなことばっかりをぐるぐると考えている。